早稲田式将棋塾

AIなどのテクノロジーに代替されない能力を身につけるにはどうすれば良いかを日々考えています。教室HP→http://a-dance.com/sansuu.html

【初心者向け】将棋を指す上で必要な要素①

※この記事は約3分で読めます

目次

1.将棋初心者が挫折してしまいがちなパターン

2.人間が物事に集中できる条件

3.集中促進グッズ

 

今回は将棋初心者の方向けの内容です。

 

1.初心者が挫折してしまいがちなパターン

 最近は将棋が注目される機会が増え、将棋に興味を持ってくれる人が増えました。初心者の方の指導に携わる機会も増えました。

そんな中で挫折してしまいがちなパターンに気づきました。

挫折してしまうパターンは定跡手順を暗記してしまおうとすることです。

 はっきり言って、定跡を暗記するのは無理です。将棋の指し手の可能性は10の220乗と言われています。要は無限にあるということです。そんな中で手順を暗記しても同じ局面に出会うことは殆どないです。(残念ながら)

 大切なのは将棋手順を暗記することではなく、将棋の一般的な法則を知ることです。将棋の一般法則の一例が駒の価値です。(下の図を参照)

f:id:takahashikaito94:20180107174022p:plain

 将棋はそれぞれ駒の価値が違っていて、それぞれが価格があります。

①駒の点数を把握する②駒が交換される度に損得が何点かを確認する。面倒そうですがこの①〜②のサイクルを繰り返すことが上達の近道です。

 なぜならほとんどの定跡は駒の交換を経て損得がプラスになることを目指しているからです。とはいえ、そんなこといちいち確認しながらやるのは面倒という人もいると思います。しかし駒の価値を把握して損得を計算することは高い集中力を保つ訓練になるのです。

 

2.人間が物事に集中できる条件

 フロー状態という言葉をご存知でしょうか。

【フロー状態の定義】

フロー とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう

引用元:wikipedia(フロー)

 

 簡単に言うとめちゃくちゃ集中している状態です。「ゾーンに入る」という言い方もします。こちらの方が馴染みがあるでしょうか。

フロー状態になるには主に3つの条件が満たされている必要があります。

 

【フロー状態至る条件】

1.目標が明確である

2迅速なフィードバックがある

3スキルとチャレンジのバランスが取れたギリギリのラインである。

将棋に於いて駒の価値を把握することで3つの条件を満たす可能性が高まります。

 

f:id:takahashikaito94:20180107180418p:plain

ぜひ将棋で集中状態に入る訓練をしたい方は試してみてください!

 

3.集中促進グッズ

 駒の数をいきなり把握するのは結構大変なので、最初は点数を書いた札を作るのがオススメです。

          f:id:takahashikaito94:20180107180734p:plain

 

このカードに数字を振り、駒が交換される度にカードも交換します。このように駒の価値を可視化することでよりスムーズに理解が進みます。私も指導の際によく活用します。カードを交換しながらゲーム感覚で上達していきましょう!

 

 ※コメント・質問はお気軽にお願いします!